amilog(あみろぐ)~沖縄在住*子育てママ奮闘記~

元気いっぱいのやんちゃ1歳児♀(2015.10誕生)を家庭育児中&2人目妊活♪ 布おむつ・おむつなし育児、布ナプキン、ミニマリスト、様々なことに興味があり☆沖縄県在住の人ともっと交流を持ちたい!そんな思いでブログを更新中です⤴︎

引っ越しする時に備えてミニマリストを目指す

 

こんにちは

ami (@amilog1984) | Twitterです☆

 

本日は【子育て中でもミニマリストを目指す】ということで、のんびり身の回りの整理をしているamiが、さらにモチベーションをあげる為に考えていることについての記事です。

 

 

ami家の事情

我が家は、主人(Kさん)の仕事の関係もあり3〜5年間に1回、引っ越しの可能性が出てきます。

 

前回は娘(のんちゃん)が産まれた年が引っ越し時期でした(2015年)

しかし、運良く?主人(Kさん)の転勤先は現在の家からも通える場所だったので、引っ越しをせずに済みました。

 

最初の希望では、まだ娘(のんちゃん)を妊娠していなかったため、子どもがいないうちの方がいいと引っ越し対象になる勤務地を希望していましたが…結果、娘(のんちゃん)を妊娠したので引っ越ししなくても良かったのは助かりました。

もし引っ越しになっていたら…悪阻と私の仕事の繁忙期で、きっと倒れていたことでしょう(笑)

 

 

 

次の引っ越し時期は2年後(2018年)

次の引っ越し時期は、早くて2年後、遅くて4年後です。

娘(のんちゃん)は、2年後には3歳、4年後には5歳になります。

 

もし次の勤務先も現在の自宅から通える場所だった場合、今回と同じように引っ越ししない選択をすると、娘(のんちゃん)は今の家から小学校に通うことになります。

 

なんだか、ややこしい説明ですが、つまりは次の引っ越しのタイミングに引っ越しをしなければ、娘(のんちゃん)は今の自宅から小学校に通うことになるということです。

私は、そのことに少し抵抗があります。

なぜなら、今の家から小学校が結構遠いからです。私自身が通うのも大変かも(>_<)と思う距離なのです。

中学生や高校生ならまだしも、小学校1年生であの距離を毎日通わせるのに抵抗があります。

 

しかも、いずれは共働きをする予定なので、近くに頼れる親がいて欲しいという思いもありますが、今の家だと近くに頼れる親はいません。

 

学校は遠い、親は共働きで帰っても家にいない、近くに頼れる親戚(祖父母など)もいない

 

という状況だと、娘(のんちゃん)にとっては負担が大きいのではないかと思うのです。

 

そんな思いから、もし主人(Kさん)の勤務先が今の自宅から通える場所であっても引っ越しをしようと考えています。

 

 

 

引っ越しをしやすくする為にもミニマリストは最適

引っ越しには、

・荷物をまとめる作業

・運ぶ作業

・片付ける作業

 があり、仕事をしていたり、小さい子どもがいたりするとこの作業に時間を多く取られるのは、とても大変です。

さらに、運ぶ作業にはお金がかかったりもします。

 

その為、この作業をいかに少なくするかは、引っ越しにとって、とても重要なことです。

ミニマリスト化して、荷物が最低限になっていれば、作業時間や運ぶお金も少なくてすみます。

 

もちろん、普段の掃除などでも物を減らしたことによる快適さを実感していますが、引っ越しの時はさらにそれを大きく実感できるのではないかと思っています。

 

もっと言えば、ミニマリスト化したことにより、今より狭い家でも生活できるようになれば、引っ越し先を今の家より小さくすることで家賃を減らし、節約することも可能になるかもしれません。

 

 

 

まとめ

イムリミットまで、あと2年。

果たしてamiのミニマリスト化は実現するのか⁈

理想の形になるまで、地道にですが進めていけるよう頑張りたいと思います٩( 'ω' )و 

広告を非表示にする