読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

amilog(あみろぐ)~沖縄在住*子育てママ奮闘記~

元気いっぱいのやんちゃ1歳児(女の子)を子育て中♪ 布おむつ・おむつなし育児、ミニマリスト、ワーキングマザー、様々なことに興味があり、沖縄県在住の人ともっと交流を持ちたい!そんな思いでブログを綴って更新中です⤴︎

同棲恋愛あるある~ドラマを見て思うこと~

*sensitivity*オススメ本など

またもや、更新が空いているamiです。

お久しぶりです。

今回はプレママ記事ではなく、見たドラマについて、思ったことをつらつら・・・

先週やっていたドラマを録画して、ついさっき見た私。

題名「恋愛あるある(3本立て)」

その中でも、戸田恵梨香さんとムロツヨシさんが出ていた『同棲あるある』について。

ami家も結婚する前に同棲を始めて(結婚前提の同棲)→その約半年後に結婚。

という流れを踏んだタイプ。

もともと、結婚する前に1度同棲をしてから結婚したいと思っていたami

しかし、その点にとてもこだわりがあったわけではなかったんだけど、自然と?

というか、ami母に上手く言いくるめられた?ような形で同棲を始めました。

まぁ、付き合う時点で『結婚を視野に入れて』という話をしていたし、

付き合った当初から主人は

「年度末には結婚する!」

なんて無謀な事を言っていたし…

(実際には年度末になっても正式なプロポーズなんてなく、同棲を始めてから2ヶ月?あたりで正式なプロポーズをしてきました)



とまぁ、前置きが長くなりましたが・・・

amiとしては、ドラマの「同棲あるある」のような展開を覚悟した上での同棲でした。

見ていない方、すみません。ここから少しネタバレします。

同棲を始めたばかりの頃は、二人でいることが楽しく、毎日がHAPPY(ж>▽<)y ☆

しかし、時が経つにつれて相手のイヤな所ばかりが見えてくる。

そして結局上手く行かずに、別れる・・・

みたいな。

ドラマの中では、その後も続きがあるのですが、

ami自身もそのような事になるかもしれないと、不安を若干抱えながらの同棲開始でした。

(私の主人、ドラマの中のムロさんみたいなタイプというか性格っぽいなと思いますw)

ドラマの中ではムロさんに対して戸田恵梨香ちゃんがキレて…みたいな流れでした。

amiとしては、そのようになる可能性もあるかもしれないという不安と、

私自身も人には厳しくいうくせに、自分には甘いぐ~たらな所があり、そんなマイナスなamiを見て、主人も嫌気がさすという逆パターンもあるのではないかという不安もありました。

しかし、結果として…

うちの主人、私が考えていた以上に鈍感・・・いや、器の広い方でした。

ぐ~たらで家事嫌い(特に掃除)なami。

自分自身が「さすがにコレはヤバイ」と危機感を覚え、段々心がヤサグレる程になっても
(家事、特に掃除嫌いな癖に家が汚れてくると、それを見てイライラしてくる面倒な性格)
主人はそのくらいでは平気なタイプでした。

というか、むしろ主人は掃除(片づけ)の出来ないタイプ。

時々、気を利かせてお掃除してくれる時があります。(いや、私がお願いして?)

しかし、そのお掃除(片づけ)をした後を見てみると、

「これ、本当にやった??!いや、多少はキレイになっている気もするけど・・・これでは私は許せない(`Δ´) 」

みたいな状態。

(掃除嫌いなタイプなくせに、やるときは徹底的にやりたいタイプ。これまた面倒な性格のami)

それで結局は、気になる点は私がやる。

しかし!!!!

ここで、気を付けている点は・・・

・とりあえず、やってくれた事にお礼を言う。(ここが出来ていないとかの小言は言わない)

・自分の完璧の基準を主人に求めてはいけない。(期待もしない)

この2点を意識しています。

(まぁ、最近は「ここ掃除するついでもココもやってくれるともっと助かる」とか出来ていない部分も要求したりしていますが…もちろん、次やってもらった時に出来ている!なんて事は期待せず)

そして、

・私の家事に対して全く小言を言わず、むしろ「ありがとう」と言ってくれる主人に感謝する。

・自分の出来る事(料理)を毎日楽しそうに積極的に取り組んでくれている主人に感謝する。

この2点についても忘れないようにしています。


お互い、元々育ってきた環境も全く違っていて、得意な事と不得意な事があるのは当たり前。

私の常識や当たり前の事が、必ずしも相手にとって当たり前とは限らない。

それは、生活習慣にも顕著に表れます。

だから、主人が出来る事はやってもらう。

主人が出来ない事や苦手な事は私がやる。
(私のやる事は、自己満足や私自身が快適に暮らすことへ繋がると思って、前向きに取り組む。なんで、彼は出来ないのだろうとかは考えない。今まで出来ない・やらないままで生活してきたんだから、やるように要求しても出来るはずがないと諦める)

主人がやってくれる割合と、私がやる割合の比率は考えない。

そんな風に考えているから、

ドラマのような

「どうして、私が言っていることをやってくれないの?!(=`(∞)´=) 」

なんて事には、ならないのだろうと思います。

もし、このようになった時には、私自身にゆとりがない時だと思っています。

そして、主人にも

「私が細かい事にグチグチ小言を言い始めたら、ゆとりのない時だから、そういう時は優しくしてね。そして、どうしてそんなにイライラしてるの?何かあったの?と話を聞いてあげて」

と、常日頃伝えておくようにしています。



さて、かなり脈絡なくつらつらと書き連ねてきましたが…

ドラマの中で、恵梨香ちゃんが実家に帰った時に、お父さんから聞いた亡母の言葉がとても印象に残っているので、書いておこうと思います。

戸田恵梨香ちゃん
「結婚している人はスゴイよね。だって結婚はガマンの連続でしょ?」

お父さん
「そういえば、お母さんが前に『結婚はガマンの連続っていうけど、そうじゃないと思う。結婚は努力。お互いが家族皆が快適に暮らす為の努力と工夫の連続』って言っていたよ」

そんな事を言っていた亡母からのお父さんへの最後のお土産は…

クローゼットの裏に書かれていた言葉。



お父さん、おはよう

お父さん、おやすみ

今日も愛しているよ




この言葉を見て、思わず泣いてしまいました。


私もこのお母さんみたいに、いつまでも相手に対する思いやり(愛情)を忘れずに、夫婦生活を送っていけたらいいなと思っています。

そんな私が、ツワリがキツくて1日中眠って過ごしていた時も、出来る限り心がけてやっていた事。

・主人が出勤する時は、玄関までお見送りをする。(絶対に寝たまま見送らない)

・主人が帰って来て、ご飯を心地よい気持ちで作り始められるように、シンクをキレイにしておく。

この2つです。

たった2つしか実行していない、いや(いまだに2つしか)出来ていない、ダメ嫁ですが…

これからは、主人の為、自分の為に、家事(子どもが生まれたら育児も)少しずつ色々な事を実行し持続していけるように、頑張っていけたらと心を引き締め直しました。

忘れないうちに、自分を律するためにも、ブログ記事にしました。

今回も何の面白味もなく、長々と書き連ねたamiのブログに目を通してくださって、ありがとうございました(*^▽^*)

広告を非表示にする